ガス置換方法と真空包装

混合ガスというのは、ほとんどの場合、窒素ガスと炭酸ガスの混合を用いたものだそうです。
炭酸ガスは窒素に比べてプラスチックを透過しやすいそうです。100%の炭酸ガス置換では袋の外にガスが逸酸してしまい袋内が真空状態になるため、透過しにくい窒素ガスと炭酸ガスを混合して減圧を防止するそうです。
肉類の赤色発色と保存性を高めるために、酸素と炭酸ガスの混合ガスが用いられるそうです。
これは鮮魚・生肉の中にあるミオグロビン色素を含んだタンパク質と酸素が、不活性状態で結合するとオキシミオグロビンとなって、キレイな赤味を発色するからだそうです。
代表的なものとして、EVOH系、アルミ複合品、蒸着品などのハイバリアフィルムが使用されているそうです。
真空包装とガス置換包装を比べてみると、原理としては真空包装は減圧して空気を排除するそうです。ガス置換包装はチャンバーで不活性ガスを置換するまたは、ガスフラッシュで不活性ガス置換をするそうです。脱酸素剤封入包装は酸素を吸収除去するそうです。
流通をするときは真空包装は冷凍、冷蔵、常温でガス置換包装は冷蔵か常温だそうです。
残留酸素としては真空包装は、0.1%以下、ガス置換でチャンバーの場合は0.1%以下、ガスフラッシュでは0.2~5%だそうです。
微生物の制御効果として、真空包装では好気性菌抑制嫌気性菌の繁殖に注意をしなければならないそうです。
ガス置換のチャンバーの場合は好気性菌抑制機能CO2で制菌効果があるそうです。
酸素侵入防止としては、真空包装は時間が経つとやや悪化するそうです。
ガス置換包装の場合は有効な状態が続くそうです。
外観は真空包装は密着しているために開封しにくいという場合があるそうです。
ガス置換包装の場合は開封は容易といえるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です