海外の機能性包装の状況

日本のスーパーにおいても、最近では「冷凍食品・冷凍野菜などでも海外からのものが増えたような気がする」という声をきくように思います。


冷凍食品でなくても、優れた包装のおかげで野菜の日持ちが伸びたそうです。

酸素透過調整多層フィルムというもので、スチレンブタジエンコーポリマーというものを外層にして、中間層を3層共押出で特性調整層を行って、内装にはポリオレフィンプラストマーというものを用いて5層共押出フィルムを使用しているそうです。
これによって、ガーデンサラダ、ブロッコリーなどの日持ちが7日から17日に延長されたそうです。

  

カット野菜を使う人も増えたと思いますが、野菜から出る炭酸ガス、エチレンガス、酵素の調整を行うガス抜き弁がついたA-PET容器包装というものがあるそうです。
簡便性と鮮度が売りだそうです。
水分蒸散と炭酸ガス障害を防ぐために袋の一部分を集中的に小孔加工を施している包装があります。ジッパーが付いていたりして、食べ残したら再保存できる工夫がされています。
鮮度も低下しないように再密封できるようです。

サンドイッチ包装というのは、ガス充填放送でたくさんのバリアフィルムを使用したものです。
蓋材と同材質の多層バリアフィルムを深絞成形して食品の日持ちを延長して、なおかつ包材の軽量化に成功しているそうです。
欧米でも最近は消費者の鮮度志向や肉食の減少が影響して、プレパック販売が増加しているそうです。
使用されるフィルムはPVC、EVOH構成が多いようです。

中にはPETフィルムもあるそうです。
これにドリップ吸収トレイというものが使われるそうです。
バリア素材とバリア蓋材によるMAP流通が圧倒的に大きくなっているそうで、食材の日持ちも改善されているそうです。
消費者志向と流通合理化と環境への配慮などを考えるとベストな方法だと言えるそうです。