海外での環境に対応した包装

海外の環境に対する取り組みを考えていきたいと思います。

 

あるドイツの会社が製造したエチレンとノルボルネンからなるアモルファス環状ポリオフィン共重合体を使った熟成ブリスター包装を発表し、発売したそうです。
水蒸気遮断性、熱成型性は優れているそうですが、PVCや他の競合材料よりも酸素遮断性が劣っているそうです。
話題にはなっているそうですが、主流にはなっていないそうです。

  

PPから構成されたPPブリスターというものも発売されました。
成形部分は急冷した低結晶PPシートで成型性がよくなっているそうです。
台紙側はプッシュスルー性をよくするために、無機物を多量に混合した層でできているそうです。

両面は成型部とヒートシールができるそうで、保護層のOPPとイージーピールができるように3層の複合シートから構成されているそうです。
海外でも脱トレーは進んでいるそうです。
減量化、熱成形フィルムにジッパー付き蓋材で開封、そして再封できる利便性などが支持されているそうです。

フィルム加工のフレキシブルさを活用した新しいタイプのパッケージも見られることが多くなったそうです。
カップの材料に関しては、PP,PET,PSの白色顔料混合品などが主流材料となっているそうです。
カップの材料としてPVCは殆ど見られないそうです。

透明タイプはPSが多いそうです。
100%果汁飲料には、HDPEが多いそうです。
PPカップではチーズ、ヨーグルトの包装に使われることが多いそうです。
PETカップは、トマトソースや果物パック、りんごあめなどに使用されているそうです。
カップの蓋材はPE系、PET、A1構成などが一般的となるそうです。
バリア層はEVOH/PE系で、ハンバーグやカップ入りカットフルーツなどで使われているそうです。