海外での包装のいろいろな機能


ガラスや金属缶にスリーブまたはラップアラウンドラベルにPET系または改質OPPを使用するケースが増加しているようです。
環境問題に配慮してのことだそうです。

ベルギーの会社では、季節限定のものや少量生産のものなどでラベルにシュリンクOPPフィルムを使用する場合もあるそうです。
一般的にはPVCからPETGを使用したPET系シュリンクフィルムに変わっていっているそうです。

PET系シュリンクフィルムはPVC,OPSに比べて低温度で収縮できることや、印刷、流通時点での寸法が安定していることから海外ではPET系がPVCの代替の候補となっているそうです。
環状オレフィン共重合体熱収縮フィルムというのがあるそうですが、コストの面でもPET系のほうが安価で済むため、このフィルムが今後各方面で使われていくかどうかは難しいそうです。
PE、PP、COCも開発されたそうです。PS,PVCの代替用途に展開されているそうです。

その他にもヒートシール性、軟質系の用途にも検討されているそうです。
メタロセン技術は、メタロセン媒体で可能なシャープな分子量制御性を活用したポリマーが開発されているそうで、メタロセンの技術は次の段階に入ってきたと言えるそうです。
PVCの代替として、PPまたはNYを外層にしてPPに熱可塑性エラストマーを混合した共押出複合フィルムというものがあるそうです。
ゴム手袋、カテーテル、医療服、外科手術用袋、輸血セットなどのヘルスケア用途に使用されているそうです。

軟質ポリスチレンでは、世界各国でスチレン/ブタジエン/エチレン/ヘキセンなどの成分を変えた軟質PSというものがあります。
ラップフィルムのことのようです。
ソフトな感じになるそうなので、シリコンゴムの代替や高透明シートなどの他、高衝撃、改質材用に使われているそうです。